ななつの嵐山WEB MAGAZINE

インタビュー2019.10.15

名画が揃う「福田美術館」、嵐山にオープン!

2019年10月1日に嵐山にオープンした「福田美術館」。渡月橋と大堰川を臨む絶好のロケーションで建設が進む、洗練された建物に注目していた方も多いのではないでしょうか。この新しい美術館を訪ねてみました。

福田美術館って?

福田美術館は、近代日本画を中心に1500点もの美術品を収蔵する美術館。その特徴は、京都にゆかりのある作家の作品を集めていると言う点です。尾形光琳、円山応挙、伊藤若冲そして竹内栖鳳、横山大観…。一度は目にしたことがある日本美術界の巨匠の作品を、間近で見ることができるのです。

しかし、日本画というと「歴史の知識が必要なのでは…」と思わず身構えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

福田美術館は「たとえ美術になじみがない方が見ても、感動できる」空間なので、安心です。誰にでもわかりやすい言葉で書かれた解説文。無料で利用できる音声ガイドを聞きながら、30cm程の近さで掛け軸などを見ることもできます。気取らず、かしこまらず、目の前にある日本画にじっくりと向き合えるのです。京都観光で初めて日本画を見る方から、目の肥えた日本画ファンまで誰もが自分の尺度で楽しめる施設なのです。

 

京都の方と、京都を訪れる全ての方に恩を返したい

しかし、なぜ今嵐山に美術館ができたのでしょうか。

福田美術館の館長を務める川畑光佐さんに、この施設の成り立ちを伺いました。

「福田美術館は、京都で生まれ、京都で事業を興した私の父の宿願でした。長年お世話になった地元の方々、そして京都のために何か恩返しをしたいと考えていたところ、この土地とのご縁を得ました。また同時にまとまった数の美術品を入手する機会もあり、父は「嵐山という日本有数の観光地で、誰もが日本と京都の文化に親しめる美術館を作ろう」と思い至りました。以来15年の歳月をかけて作品を収集。そうして、この地に美術館が出来上がったのです。」

常に新しい企画・美術品と出合える美術館

「1500点あまりの収蔵品を全て一度にお見せできるわけではありませんし、かと言って従来通り日本画を紹介していくのも私たちの思うところではないのです」と川畑さん。
福田美術館では、常設展示を行わず、季節ごとに新しい企画を立てながらテーマに合わせた収蔵品の紹介を予定されています。

まずはお披露目として「開館記念 福美コレクション展」と題し、二期に渡って目玉収蔵品を紹介。その後は京都を代表する日本画家・上村松園の作品をはじめとした美人画の特集を企画しているそう。


「実を言うと私も、美術の専門家ではないんです。学芸員の資格を取り、福田美術館と嵐山文華館の館長を勤めていますが、まだまだ勉強することばかりの毎日です。しかしだからこそ、日本画や美術品にそれほど親しんでいない人にもわかりやすく、また親しみやすい企画が立てられるのではないかと思っています。
私とともに働いてくれる優秀な学芸員や運営スタッフとともに、これからもみなさんが見たことのない美術展の企画を立ち上げていこうと思っています。楽しみにしてくださいね」と笑顔でお話をしてくださいました。

 

ミュージアムショップも必見!

美術品以外にも福田美術館には訪れたくなる魅力がいっぱいです。

特に、ミュージアムグッズも要チェック。京都精華大学出身の人気イラストレーター、てらおかなつみさんが上村松園の「長夜」や速水御舟の「春眠」といった名画を題材に描いたポストカードなど福田美術館でしか手に入らないオリジナル商品に目が離せません。

嵐山とそして京都中が茜色に染まる秋。
嵐山の寺社仏閣をめぐった後に、渡月橋脇の福田美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。京都や日本文化を気軽に学べて、もっと詳しく知りたくなる、美しくて知的な出合いがみなさんを待っていることでしょう。

(取材協力:福田美術館