ななつの嵐山WEB MAGAZINE

観る2018.08.10

嵐山のお盆の行事

京都の晩夏の風物詩といえば、五山の送り火があまりにも有名ですが、嵐山の灯篭流しもお盆の行事として欠かせません。嵐山公園( 中之島地区)で行われる「嵐山灯篭流し」は、1949年に戦没者の霊を慰める為、灯篭による供養をはじめたことが起源といわれています。

8月16日 19時より実施され、同時刻から祭壇にて川施餓鬼法要も行われます。

先に紹介した五山の送り火のひとつ「鳥居形」を嵐山から見物することができます。20時20分頃より点火され約30分間、ご覧いただけます。護摩木が勢いよく燃えていく中、灯篭が静かに流れていく様子はとても幻想的です。心安らかに故人を見送りましょう。